45

見た目を大胆に変えるには、内側から変わらなければなりません。

それが辛いもので簡単にできるとしたら、どうですか?

そこで今回は、体を生まれ変わらせる「辛いもの」を5つご紹介します。

1.「血液サラサラ」生タマネギ

タマネギは火を通して食べることが多いですよね。しかし、実は、生タマネギのほうが栄養価が高いのです。生のタマネギには「アリシン」と「アルキルチオスルフィネート」が豊富。血栓を予防し、血液をサラサラにしてくれるのです。健康診断で、血液の項目が怪しい人は、是非「生タマネギサラダ」を食べてくださいね。

2.「気分アップ」生姜

心と体がドンヨリすること、ありますよね。そこでオススメなのが、生姜。生姜に含まれる「ショウガオール」は、気分をアップさせる効果があるのです。また、老廃物を排出してくれる「カリウム」も豊富。炒め物に使ったり、「生姜湯」を飲んだりして、心と体を元気にしましょう。

3.「病気知らず」ワサビ

病気がちな人は、ワサビ不足なのかもしれません。ワサビの「シニグリン」という辛味成分には、殺菌効果があり、免疫力をアップする効果があるのです。チューブのワサビは、冷蔵庫に1本入れておくと便利ですよ。お寿司だけではなく、お蕎麦を食べるときも大活躍します。

4.「代謝アップ」唐辛子

暑い夏でも、「冷え症」になる可能性大。冷房が効いた車内やオフィスにいると、体が冷えきってしまいますよ。そこでオススメなのが、唐辛子。唐辛子に含まれる「カプサイシン」という辛味成分には、体を温め、代謝をアップさせる効果があるのです。夏でも、「キムチ鍋」のような唐辛子料理を楽しみましょう。

5.「消化促進」山椒

内蔵が冷えると、消化機能が落ち、不健康な体になってしまいます。そこでオススメなのが、山椒。「ジベンテン」や「シトロネラール」という辛味成分が、内蔵を温め、消化を促してくれます。胃痛や便秘といった症状があるときは、山椒を料理に振りかけましょう。

いかがでしたか?

これらの「辛いもの」で、体を生まれ変わらせてみませんか?心も体もみるみるうちに元気になるはずですよ。

引用元:http://mdpr.jp/beauty/detail/1399169