22

付き合い始めてしばらくは、彼との間にいろんな初めてがありますね。その中で、彼を初めて自宅へ招待するタイミングに、悩む方もいらっしゃるのでは?

1人暮らしの自宅の場合と、家族と同居している自宅の場合では、条件も違ってきそうです。

彼を自宅へ招待するタイミングの良いパターンと悪いパターンをまとめてみました。

◆1人暮らしの自宅へ彼を招待

1)良いパターン

何度か外デートを繰り返し、1人暮らしの彼の家はもう数回訪ねたことがある、そんな状況が、そろそろ自宅へ彼を招待するタイミング。その日のデートの流れで突然ではなく、前もって、「次のデートは私の家で手料理を」などと、きちんと招待した形がベストです。女子の1人暮らしだから、との彼からの遠慮や女子としてのためらいはあるとしても、交際がそこまで進んだ状態で、彼を女子側の自宅へ招待しないでいるのは、逆に不自然なくらいですね。

2)悪いパターン

まだ付き合いが浅い、1人暮らしの彼の自宅へ招かれたことがない、そんな状態で女子の1人暮らしの自宅へ彼を招待するのは、彼が手の内を見せないうちに、あなたの手の内を先に見せてしまうようなものです。また、簡単に男性を1人暮らしの家に招き入れることで、軽い女子と思われる可能性もあるので、避けたいですね。

◆家族同居の自宅へ彼を招待

1)良いパターン

ある程度付き合いが長くなり、今後も付き合いが続きそう、当然、家族も彼の存在を知っている。そんな状態なら、そろそろ彼を家族に紹介してもいいタイミングです。彼も、あなたを家に送っていったり、家族の話題を嫌がらずに聞いてくれるようになっていれば、家族との顔合わせもスムーズに行く可能性が高いでしょう。

2)悪いパターン

付き合いの長さに関わらず、彼のほうからやたらと実家に行きたがる場合、逆に彼が尻込みしているのを無理やり顔見せに連れていく場合は、その後、あなたの思うように話や関係が進まなくなる可能性があります。また、家族が付き合いに反対している場合には、彼がそのことを十分に理解して協力してくれない限り、自宅への招待はマイナスの結果となることもあるので、注意しましょう。

いかがでしょうか?

今の住環境と恋愛の状態とに照らし合わせて、絶妙のタイミングで彼を自宅へ招待し、ラブ度を上げたいですね。このタイミングは意外と今後の交際期間を大きく左右するものなのです。(モデルプレス)

参照元:http://mdpr.jp/column/detail/1374605