14

いくら食べても太らない女子は、それだけで羨ましいですよね。

そんなほっそり女子の間では、最近、1日5回にわたって食事をすることが流行っているようです。

1日3食でも太るのに、5食!?と、びっくりする声が聞こえてきそうですが、1日5回しっかり食べても、ちゃんとダイエットできる方法があるのです。

もちろん、それなりのルールはあります。1日5食で、痩せ体質になるための方法と注意点をご紹介します。

◆5食も食べて、なぜ痩せるの?

食事の回数を増やし、1回あたりのカロリーを減らすことで、食後の血糖値の急上昇を予防できます。エネルギーを体に溜めこまずにきっちりと消費してしまうという模範的なサイクルができ、代謝の良い太りにくい体質に近づいていきます。

◆1日5食をバランス良いタイミングで

仕事や家事などの都合で、5回の食事をとるタイミングは個人で異なってきます。それでも、ある程度バランスよく3~4時間おきの時間割を作っておきましょう。

◆1日の合計摂取カロリーは計算しておく

5回といっても食べ放題ではありません。腹5~6分目程度を目安に、小腹を収める感覚を大切にしましょう。1日の合計摂取カロリーが、消費カロリーを上回らないように設定します。だから同じ量を食べていても太りにくいのです。

◆おすすめの食事内容

玄米や雑穀などの炭水化物と根野菜や海草などの食物繊維の組み合わせが、おすすめです。腹もちが良く噛みごたえもあり、満腹感を味わえます。

◆軽いストレッチやエクササイズをプラス

5分~30分程度の軽い運動を取り入れましょう。消費エネルギーを少しでも増やすことで、減量のスピードが上がります。時間は、食べる量や体力などに合わせて控えめにスタートし、徐々に増やしていくといいでしょう。

いかがでしょうか?

1日5食ダイエットは、お腹いっぱいになるまで食べないと気が済まないという、ドカ食いタイプには向いていませんが、長く空腹を我慢できない間食タイプにはピッタリといえそうですね。

このダイエットのコツは、空腹を感じる隙を作らないところにあります。そのため、5食分の時間がうまく取れない場合には、小さな玄米おにぎりや全粒パンを使った野菜サンドなどを用意し、ちょっとした空き時間を使って食べて、お腹を軽く満たすといいでしょう。(モデルプレス)

参照元:http://mdpr.jp/diet/detail/1370059