ae
男性から見られている女性のパーツのひとつが脚です。そして美脚に欠かせないのが足首の“くびれ”です。足首がキュッと締まっていることで、脚全体が細く見えるほど、足首のくびれは見た目の印象を左右します。
この秋流行のチノパンは、裾をロールアップして足首を見せる履き方が今年のトレンドです。ほっそりとした足首がチラリと見えると、着やせ効果にもつながります。
しかし、足首は少し油断するとどんどん太くなってしまうパーツでもあります。そして太くなる原因は日々の何気ない習慣に潜んでいます。そこで今回は、足首がどんどん太くなってしまうNG習慣をご紹介します。
以下の中で当てはまるものがあるかどうかチェックしてみてください。ひとつでも当てはまったという人は注意! これらの習慣を続けていては、気がついたときには足首がなくなっている……なんてこともありえます。
 
■1:足が冷えていてもそのまま放置
冷えは血行が悪くなっている証拠です。血行が悪くなると足がむくみ、見た目にも太くなって見えてしまいます。特に一日デスクワークをしている人は足の血行が悪くなりがちなので、たまに立ち上がって屈伸をしたり、足首をグルグル回すとよいでしょう。
 
■2:パンパンにむくんだ足をそのままにして就寝
足首はむくみやすいパーツのひとつです。むくみを放置することでそこに脂肪や老廃物が合体し、セルライトになってしまいます。お風呂で足首をマッサージするなど、翌日に持ちこさないことが大切です。タオルを両手で絞るように、足首をギュッと絞りながらマッサージすると効果的です。
 
■3:かかとを引きずって歩く
かかとを引きずる人は、足の筋肉を使っていない証拠です。足の筋肉は、使うことで血液や老廃物を滞りなく流すポンプの役割をしてくれています。筋肉を使わないと老廃物がたまりやすくなり、足首のセルライト生成を促進させます。歩く際はしっかり足を上げて歩くように意識してみてください。
 
■4:階段ではなく必ずエスカレーターを使う
階段を上る動作は、足首まわりの筋肉を使う絶好のタイミングです。そのタイミングを逃すことで足の筋肉を使う機会が減ってしまいます。筋肉を動かして老廃物がたまりにくくするためにも、普段から階段を使用することをお勧めします。
 
■5:電車では何がなんでも座る
とにかくすぐに座る……という習慣がある人は、足の筋肉が衰えがちです。通勤電車で効率よく足首のストレッチを行えますので、ぜひ試してみてください。つり革を片手で持ち、ゆっくりかかとを上げ下げするだけ! 足首まわり、ふくらはぎの筋肉がしっかり動くことでキュッと締まった足になり、老廃物の代謝にもつながります。
 
以上、足首がどんどん太くなってしまうNG習慣をご紹介しました。キュッと引き締まった足首で、秋のチノパンやスカートコーデをより魅力的に着こなしてくださいね




びっくりしたー!
こんなことで足が太くなるなんて。。。
簡単なことばっかりだから気を付けなきゃ